家電リサイクル法って?

家電リサイクル法とは、「(正式名称)特定家庭用機器再商品化法」

家電製品をリサイクルすることで廃棄物を減らし、資源を有効活用するための法律です。対象商品は、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(乾燥機)などが対象になっております。

~家電リサイクル法の流れ~

対象製品の処分を行なう場合、それを購入した販売店、もしくはこれから買い替える販売店で、リサイクル料金と回収料金を支払い、引き取ってもらいます。その後、持ち主の手を離れた対象商品は、各都道府県にある指定引取場所に運び込まれ、そこから各社のリサイクル工場に運搬されるのです。

購入した販売店が閉店した場合、引っ越しなどで購入先が遠方になった場合、他人から譲り受けたなどの場合は、郵便局でリサイクル券を購入し、直接指定引取場所に持ち込むか、地域によっては自治体や家電量販店が窓口となって引き取ってくれる場合があります。
対象製品はリサイクル工場で部品の一つ一つまで細かく分解され、利用可能な物のみ再度加工し、製造工場に運び込まれていきます。再利用が不可能と判断された物だけが、そのまま廃棄される仕組みになっています。


家電リサイクル法にパソコンが含まれていません。

新品のパソコンや自動車は、あらかじめ価格にリサイクル料金が上乗せされて販売されているため、対象製品からははずされています。ただし、「PCリサイクルマーク」のないパソコンやディスプレイは処分する際には、特定4品目と同様に料金を負担することになるので注意が必要です。

これらを踏まえ、対象製品の処分方法を4つに分けると、その内訳は次のようになります。

【家電店に電話で引き取りを依頼する場合】
 回収費用+運送費用+リサイクル費用

【家電店に自ら持ち込んだ場合】
 運送費用+リサイクル費用

【郵便局でリサイクル券を買い、指定引取場所に直接持ち込んだ場合】
 経費はリサイクル費用のみ

【リサイクルショップ、もしくは引き取り業者に依頼した場合】
 廃品扱いの場合は、回収費用+運送費用+リサイクル費用

リサイクル料金目安は下記の通り(メーカーにより異なります)

 

・エアコン 2,625円~3,664円
・テレビ 1,785円~3,795円
・冷蔵庫(冷凍庫) 3,870円~5,869円
・洗濯機(乾燥機) 2,520円~3,444円

~さらに回収費用と運送費用が発生します~

回収運送費用は店舗によって差が生じますが、回収のみ行なうよりも、買い替え時の方が費用が安いという共通点があります。

 

 

 

◆回収エリア◆

福岡市

中央区|博多区|東区

城南区|早良区|西区

南区および近郊

福岡県公安委員会

第37292号